スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

国民英雄3話

安が泣いています(TωT)
犯人は誰だーーーーーーー!!!

**************************


街頭ニュースはどれも安の話題ばかり。
心理学者は今までの内なるストレスが
今回の暴力的殺人を引き起こしたとまで
言い出す。

その様子をTVで見ていた萬濱村のおばちゃん。
耐えられなくなりTVを消す。
安が殺人を犯すなんて有り得ない!と憤慨。

BIGTVの打ち合わせ。
李がなぜ自分の案が却下されたのかを
孔主任に問うが、他の局と内容が同じでつまらないからと
一蹴される。

安は大罪を犯して罰から逃げている、それだけでも
うちの局には十分大きな影響がある!
それが適切な判断だと!?と声をあげる李。
既に昨日までに視聴者からの数百件の抗議電話を
受けている、他のメディア同様安を糾弾しなくては
我々も彼の仲間とみなされる!と訴える李。

抗議の内容を知っているか?半分は安が
本当に殺人を犯したのかどうかだと
遮る孔に、だからといって報道しないのはおかしい!
主任の気遣いのせいでこうなったのに!と
食いつく李。

しかし、我々は他の局のように裁判にかかっていない者について
勝手に話を作り上げたりするべきじゃないと
強い口調で拒否する孔。

その態度に個人的感情なんじゃないのか?と
疑う李。
俺が編成部長である限り、BIGTVが報道するニュースは
俺が決める!!と孔。
そこで鳴る孔の携帯。非通知からの着信。
電話には出ず(保留?)これで会議を終わる、
ニュースの真実を確認するのがBIGTVの主義だ。
報道部も編成部も同じラインにいる事を望むと
李を睨みつつ会議を締めくくる。
納得のいかない李。

人気のない所で周囲を確認しつつ電話に出る孔。
相手は公衆電話からかけてきた安。
公衆電話かからかけて来たって事は警察がお前の
位置は特定出来ない、投降するつもりはないんだな、と孔。
もし自分が捕まったら珊珊を殺した本物の犯人を
探せなくなる、会って話そう、お前の信頼を確認したいと言い
電話を切る安。
電話で話す孔の様子を物陰から覗く人物が。
覗いていたのは李。

夜。孔は待ち合わせ場所に車で向かい
安が車に乗り込んでくる。
お前は逃げるべきじゃなかった、今じゃ誰も
お前を信用していないという孔に、
俺は逃げたんじゃない、あのCEO就任式の時の
女が警察の振りをして俺を連れて逃げた、
あの女はChannel-Xの記者だった、詳しくは後で
説明するから!と安。

今大事なのは警察が俺が殺人犯だと思っている事、
俺自身で本物の犯人を見つけないと俺が誰かの代わりに
俺が代価を払う事になる!絶対にそんな事はさせない!!
孔、助けてくれるか?という安にこれだけは確認させてくれ、
あの証拠についてはどう反論する?と孔。

昨日珊珊の部屋に行ったがまだ彼女は俺に
怒ってると思った、
彼女がいなかったから部屋を出た。
警察の言う指紋や血痕はその時のものに違いない、
俺はあの時ベランダが何か変だと気付いていたのに
なぜ俺は確認しなかった、死に値すると
自分を責める安。

その状況だとお前が彼女の家に行った時は
彼女はもう死んでいたという事だ、誰か怪しい人物を
彼女の家の近くで見なかったか?と言われ
謝易達が彼女のマンションから出てきた事を
思い出す安。

いる、珊珊の元彼で前科がある、やつは有名な
環境保護団体の過激派だ、珊珊に付きまとっていた、
奴に違いない!!と訴える安。
しかし何も答えない孔にやっぱり俺を信用
しきれていないんだと落胆する安。
俺は感情で答えたり判断力を失ったりしないと
答える孔。

お前が信じないなら警察はもっと信じないと
車を降りようとする安。
急いで止める孔。その拍子に安は孔のネクタイピンに
小型カメラが付いている事に気付く。
今までの会話も全て録画されていた。

お前は俺を助けに来たわけじゃないんだな、
そんなに視聴率が大事か?視聴率の為に
俺を犠牲にするのか!?と悲しむ安に
証言を録画する為、お前を信じていると
証明する為だ、
本当に視聴率が大事ならなぜ俺は警察を呼ばない?
警察に逮捕される所を撮影するほうがもっと
凄いだろう!?
そう叫んだ時、パトカーのサイレンが…。
包囲される孔の車。

警察を呼んだな!?という安に李に違いない!
あいつが俺たちの電話を聞いていたと弁解する孔。
安に当てられる銃のレーザーポインター、
大人しく投降しろと外からの警察の声。
仕方なく万年筆を抜き、孔を人質にとる安。
ごめん、これしか珊珊にしてあげられないと
孔に謝り、孔を人質にしながら車で逃亡。
横道に入り警察の尾行をまいた孔。
(多分隠れるならライトは消した方が…でも消したらお顔見えないよね)

逃げようとする安にお前は有名なキャスターだ、
皆がお前を知っている、どこに隠れる?
逃げて何を得たい?潔白を証明しに表に出ろ、
一緒に警察に説明に行って珊珊のマンションの
監視カメラでその男を調べてもらえばいい!と
孔は訴える。

しかし逮捕礼状も持たずに俺を連行しにきた
あの2人の警官を見ただろう?
弁護士も呼ばせなかった、公衆の面前で
銃まで向けた、つまり俺を殺人犯としか思ってない!
これは誰かの策略だ、そいつの計画は俺に
罪をおわせること。
俺がやらなきゃ誰が珊珊の正義を果たす?
そう言い車を出ようとする安。

その安に携帯を渡し、これからの連絡はこれを使え、
警察に足はつかないと言う孔。
恐る恐る携帯を受け取りお礼を言い車を降りる安。

一人になった安、周りはパトカーだらけ。
必死に顔を隠し歩きだそうとする安。
その安の顔に突然車のライトが。
洪だった。

諦めて車に乗る安。
だから言ったでしょ?誰もあんたを信じないってという洪に
なぜお前はそう俺を助けようとするのか?
目的は?どうぜ俺の逃亡劇をスクープして
Channel-Xに載せるんだろう?という安。
その可能性は否定しないと洪から言われ
車から降りようとする安。

あんた頭悪いんじゃない?という洪に
お前は俺を一人の人間としてみていない、
ニュースとしてしか見ていないと安。
でも少なくとも真実を報道してると洪。

あんたは今まで愛する人を亡くした事がないんだな、
だからそんな心無い言葉が言えるんだと
涙ぐむ安に誰がないって言った?
自分の事だけ考えすぎなんじゃない?
世界中があんたに同情するなんて思わないで。
プライドの為に珊珊の事を諦めるなら
絶対あんたを助けてやらないと洪。

本当に真犯人を助ける手伝いをしてくれるのか?
と言う安に珊珊の家の傍で見た謝易達が
怪しいと思ってるんでしょ?と言われ驚く安。
あの日自分を尾行していた洪が謝易達を
目撃していたと気付く。
洪は安にカメラを渡し撮影した謝易達を見せる。

もしこの時刻に珊珊が殺害されていたら
こいつが犯人だ、こいつを捜せば珊珊に
何があったか分かる、こいつはどこだ!?
お前あいつの居場所知ってるのか!?と
言う安には答えずまずは先に行く場所があると
車を走らせる洪。

着いた所は珊珊のマンション。
入り口には警官が。
中を探せばヒントが見つかるかもという洪に
警官もいるのにどうやって中に入るんだ!?
そう悩んでいると中年の女性の声が。

萬濱村のおばちゃんが珊珊にお線香あげにきたのに
どうして入れないの!?彼女が夢の中に出てきて
誰が犯人なのか告げたの!と言うが
家族でもなく、ここに部屋も借りてない人は
入れない規則だと警官が拒否していた。
急いで車から降りる安と洪。

彼女は自分の娘同然だった、安は彼女を
とっても愛していたから殺すはずがない、
善人と悪人の区別もつかないなんて!と声をあげる。
その時警官の後ろにいる安と洪を発見。
洪が手振りで中に入るからひきつけろと伝える。

おばちゃんのおかげで中に入れた2人。
洪はPCを確認、謝易達が既に証拠を消していると告げる。
安は血痕を見て動揺。
風に揺れるカーテン。
(警察さん窓は多分閉めた方がいいよ…)

彼女は今日自分の家に引っ越す準備を
していたから
自分を許していたに違いない、
あの日謝易達が訪ねてきて…と想像し
自分のせいだと自分を責め、声を殺して涙を流す安。

その安を見てよっぽど彼女を愛してたんだと
知る洪。
落ち着いたらPC見に来て、珊珊と謝易達の
メールを見つけたからと静かに声をかける。

名前はないけど謝易達から珊珊へのメールだという。
「珊珊、俺を信じてくれ。
 君があのIPICの犬から離れたら俺たちの夢を
 実現させよう、そして君が一番大事にしていた
 海を守ろう」
「安在勇をもう一度信じちゃだめだ、
 あいつのニュースは全て嘘だ!」
「君をあのIPICの犬に駄目にされたくない、
 君のあの夢を叶えたい。
 君を迎えに行く。あの最低男の元を永遠に去ろう」

謝易達のIPアドレスを調べ、見つけたので
部屋を去る安と洪。

隠れ家にいる謝易達。
IPICとBIG TVの合併式典の新聞、安と陳の写真に
ナイフを何度も立てる謝。
お前がこうさせた、一緒に死んでやる、絶対にすぐに
見つけてやる!!と新聞をズタズタにする謝。

ある建物前に来た安と洪。
着いたのは洪の部屋。
あいつを探すんだから早くあいつの所に連れて行け!という安に
休息が必要だ、そんな状態であいつの所に行けば
あいつに殴られて逃げられると洪。

しぶしぶ今日だけは休む事に同意する安。
明日はあいつを探しに連れて行け、行かないなら
自分の力で探しに行くという安。
心配しないで、あんたをここに住ませるつもりはない、
ちゃんと連れて行くという洪。

安はソファーで、洪は自分のベットで。
5つ星ホテルじゃないからサービスはなし、
さっさと寝てという洪に寝れない、寝て夢で
珊珊に会いたくない、会ったら謝る以外に
何も出来ないと涙を流す安。

そんな安に寝なよ、どんなに愛した人でも
これから少しずつ彼女を忘れる、
そうしたらどんなに彼女の夢を見たいと願っても
見れなくなる。
だから彼女に夢であえる事を有り難いと思うべき、
たとえ彼女が夢の中だけであったとしても。

それを聞き、洪に御礼をいい眠りに落ちる安。
寝た安をそっとベットから覗く。
将来、お互い素敵な人に会えるといいよね、
私達を痛みから遠くに連れて行ってくれる誰かに。そう心で語りかけながら。

翌日、2人は図書館へ。
自分の隠れ家を知られたくない彼は図書館の
PCを使ったに違いない、今日もすぐ来るはず、
昨日警官を装ってメールしておいた、
証拠を消しに来るはずだと洪。

そこにやってきた謝。
安は駆け寄り中に入ろうとしていた謝を
殴り倒す。
何で珊珊を殺した!と謝の首を絞め殺そうとする安。
殺したら本当に殺人犯になる!と止めに入る洪。
その言葉にはっとなり手を緩める安。

お前が何で俺を責める?
珊珊が死んだ時お前はどこにいた?
珊珊を守れなかったお前にどうして
珊珊が死んだかを問う権利はない!!!
珊珊が死んだのはお前のようなやつの傍に
いたからだ!!
そう叫んで安を殴り道路へ走って行く謝。

追いかける安を引き戻す洪。もう謝の姿は見当たらない。
お前のせいで手がかりがなくなった!!!と
わめく安に、私が賢くてよかったね、発信機を
もめてる間に入れておいたと洪。
携帯で居場所を見る安。

デスクのPCで謝易達の個人資料を孔。
警察(かな?)に謝易達について聞きたいと
電話を入れた所数日前に傷害で捕まったという。
保釈したのは誰かと聞くと珊珊の名前が。
謝のデータを送るように頼む孔。

安と洪は謝を尾行中。
そこに孔からの着信が。
今俺には友人としての孔が必要だ、
レポーターとしての孔はいらないという安に
謝易達の隠れ家と思われる場所を見つけた、
これが友達としてしてやれる唯一の事だという孔。

釣景嶺にいるから早く車を!という安に
余裕の顔で着いたという洪。
車から降りるとちょうど謝が出てきた所。
家に入ろうと合鍵を探す安。
(向こうでは合鍵を隠すのは普通なの?)
さっと鍵をあけてしまう洪。

中は化学薬品が並ぶ実験室のよう。
安は陳の写真がズタズタになった新聞を見つける。
傍のPCを開くと何か爆弾らしき設計図。

そこに写真を撮りにくる洪。
ネタにする気か!?という安に否定しないと言ったと写真を撮ろうとする洪。
カメラを取り上げ人の痛みを感じろという安に
助けてる、ここで謝が犯人だって証拠を見つけないと
という安。

もうお前の言葉は二度と信用しない!
謝は爆弾作って罪もない人々を傷つけようとしている!
という安の言葉に英雄気取りかと言う洪。
もう既に珊珊が犠牲になってる、これ以上誰も
あいつに傷つけさせられない。
これが俺が珊珊に出来る唯一の事だと告げる安。
そこに帰ってくる謝。

逃げようとした謝を家の中に引き戻す安。
殴り合いを始める2人。
手伝おうとした洪、振りほどかれテーブルに頭を打ち
床に倒れる。その反動で薬品から発火。
安は気を失った洪を抱えて外へ。

目を覚ました洪。嫌ってたのになぜ助けた?
お礼に報道しないなんて言うと思わないで。と洪。
ふっと笑う安。
なんで笑うのよ?あんた馬鹿?私を助けたから
謝を逃がしちゃったじゃないという洪に
笑ったのは…ようやく俺が正しい事をしたから、
ここ数日ずっと後悔してた、彼女を守れなかった事、
彼女を放っておいたこと。
だから彼女に夢で会うのが怖かった。

だからお前を置いて逃げるのは出来なかった、
これで少しは彼女と顔を合わせる勇気が持てる、
彼女にもう誰も見捨てない、全力で誰かを救うと言える。
もうお前が気付いたら俺はやるべき事をしに行くという安。

危ないから警察を呼ぼうという洪。
殺人犯の言葉なんて聞くと思うか?と一人向かう安。

恒例のBIG TV会議、李は同席している林主任に
孔の指示はおかしいと訴えるが林は孔なりの
理由があるんだろうと言う。
孔の理由は安在勇を助けるためだ、
謝易達という奴を探すのがそんなに重要か?
孔は謝易達を安の変わりに差し出そうとしていると反論する李。

俺は裁判官じゃないしお前も違う、だから
安が殺人犯かどうかは誰も決められないと李に言い、
林主任がどう考えるのか意見を求める。
もし自分が個人的感情で安を庇おうとしていると
思うのならこの後3時からある役員会議で
解任を申し立ててくれと言う孔。
(李のシャツ変。。。)

社内の人目のない場所から安に電話をかける孔。
その着信音が後ろから聞こえて驚く。
なんでここに来た!?見つかればすぐに捕まるという孔に
謝易達がココに来るから来たという安。
彼は爆弾でCEOを脅そうとしているようだ、
IPICに入るよりこっちの方が簡単だと語る。

だがあいつはいつも一人で行動している、
SPが気付けばすぐに捕らえられる、何をそんなに
心配している!?という孔に
爆発化合物を持っている可能性が高い、
来ないようにすぐに陳CEOに伝えて欲しいというが
今日は役員会が3時にあるからもうすぐ着くという。

会議室にCEO到着を確かめに行った孔。
まだ到着していないという。
その頃CEOは玄関に到着したばかり。
CEO危ない!と声をかけたが間に合わず
謝が飛び出し陳の首にナイフを突きつける。

俺は逃げるつもりはないと謝。
上着のチャックを下ろすと体には爆弾が。
そのまま陳と共にエレベーターにのる謝。

外に謝を探しに行った安。孔に電話し状況を知る。
動揺する安の前に現れた洪。
Channel-Xのトップ記者にしてくれると約束するなら
助けてやろうという。
無視する安に冗談だよ、ここならよく知ってる、
ついてきなと歩き出す洪。

屋上に連れて来られた陳CEO。
扉を外からロックする謝。
BOT案の中止と金を要求する謝に
開発案は自分を殺しても始まる、
お金が欲しいなら話し合おうと陳CEOが
声をかける。

俺にはこの命だけだ!考えるのに5秒やろう
という謝。その時CEOの目には謝の背後に
現れた洪と安の姿。

5秒もいらない、お前のように金の亡者の
負け犬の脅しには屈しない!と言い切るCEO。
それにキレてスイッチを押そうとする謝。
そこに飛び出す安。

スイッチ奪い合いの末、謝が奪い返す。
珊珊は死んだ、これ以上人を殺すな!と
頼む安。
その時向かいのビルから彼らを覗く銃が。

お前らも一緒に死にたいんだな!!と
スイッチを謝が押そうとした瞬間、謝は
銃弾に倒れる。
屋上に雪崩れ込む警官隊。

警察へ連行される安と洪。
安は指名手配の容疑者だけどなんで私が!と
憤慨する洪、容疑者逃亡を助けたからだと言われる。

私逃亡を助けた?と安に尋ねる洪。
いや、お前はChannel-Xの記者だから
俺が逮捕される所を撮る為についてきただけだ、
彼女は早く記事を書かなくてはいけないので
早く解放してやって下さいと警官に告げる安。
(この目配せが。)

手錠を外してもらえる洪。
そこに凄い発見です!と飛び込んでくる警官。
謝が書いた手紙に彼がどうやって珊珊を殺したか
書いてあったという。

珊珊の遺体の発見された状況と完全に
一致する、検察官が謝を起訴していた訳だと
話す警察官。

珊珊は謝が陳CEOをゆする計画を知っていた、
彼女は警察に通報することもいとわなかった。
よって彼はカッとなって彼女を殺したと聞く安。

あの日、珊珊に謝と珊珊の関係について
疑って投げつけた言葉を思い出す安。
もっと早く言ってくれてたらあいつに君を
傷つけさせたりしなかったと涙を流す安。

BIG TVにて録音していた謝の脅迫電話を
公開する陳CEO。
社会的不安を防ぐ為、最初は警察には
通報しなかった、今回の事を社会にお詫びすると
共に時間通りに到着してくれた警察に感謝すると
述べる。

記者から第二期開発をやめるのかと聞かれ
絶対にやめない、第一期で素晴らしい成果を
出している、全市民が目撃者だ、こんな数少ない
過激派に惑わされる事がないように望むと
まとめるCEO。

釈放された安。珊珊の部屋を訪れる。
そこにかかってくる孔からの電話。
警察は自分に出していた逮捕状を取り下げた、
気持ちの整理が出来たら電話をかけると伝え
電話を切る安。

部屋にあるものを片付けながら、
2人の写真を見ながら涙が止まらない。
写真の珊珊に自分のせいだと謝りながら
泣き続ける安。
そこに珊珊の部屋に安の様子を見に来た洪。
声もかけられずに部屋を出る。

ドアを閉め、ボスに電話をかける洪。
彼は大丈夫、もっと強くなる為に時間が
必要だと思うと告げ電話を切る。

少し涙が落ち着き、再び部屋を片付け
始めた安。倒れたビデオカメラを発見。
その時、どんなに愛しているのか今は言わない、
海辺で結婚式のビデオを見てねと言われて
いた事を思い出す。

「安、私があなたをどれぐらい愛しているか
聞きたいでしょ?心の準備はいい?
安、ごめんなさい。

今日の午後、喧嘩するべきじゃなかった。
喧嘩の後、後悔した。
怒った振りをしたの。少しあなたにお仕置き
したくって。
ごめん。

あなたに正直に告白しなきゃ。
本当はあなたが知ってる私は本当の
私じゃないの。

本当の羅珊珊はとても勇敢で
とても元気がいい子なの。
でも安在勇という男の人に会ってから
彼女はとても臆病になったの。
安在勇に守って欲しくなったの。

彼女はついにバカな事まで考えたの。
いつか心から愛する人を失うんじゃないかって。
だから彼女は密かに祈り始めたの。
2人が歳を取って彼女が先に亡くなりますようにって。

だって彼女は彼が先に死ぬのが
耐えられないから。愛する人を失う事が…
とっても辛い事だから。

安、私とってもバカだった。
ごめんなさい。
今なら私あなたの奥さんになれるかな?
なれる?」

なれるよ、もちろん君は僕の妻だ。
一生君は僕の妻だ。
そういいながら珊珊を抱きしめる安。

安の手から滑り落ちたビデオカメラに映る
首を絞められる珊珊の画…。

BIG TVのロケ隊。李記者は今日は南山墓地。
安在勇は婚約者殺害の真犯人を見つけ
ここに彼女を休ませる、これから彼は彼女を
送り出し、お別れをいう。とレポートする李。

その様子を少し離れて写真を撮る洪。
これぞばかばかしい、数日前まで冷血な
殺人犯だとされていた人が今や悲劇のヒーローだ
と呟く洪。

到着した安に群がるレポーター達。
(安、分かってるけど高いっ!!)
安さん、今どういうお気持ちですか!?と
マイクを向ける李。

同行していた孔を振り返る安。
うなずく孔。
李を無視して珊珊の遺影を抱え歩き出す安。
安から何もコメントが取れないので
珊珊の両親にマイクを向ける李。

カナダでの結婚式にご出席するご予定が
ここでの葬儀への参加となりましたね。
どういうお気持ちですか?と聞く李。
堪らず珊珊の母に駆け寄り肩を抱き
一緒に歩く安。

少しでもお気持ちを共有させて下さい、
そのブーケは珊珊と安の結婚式を完成させる
為ですか?とぶしつけな質問を浴びせ続ける李に
俺だけを撮ればいいだろう!!と怒りをぶつける。

暴れる安を抑え、どうか愛する人を亡くした人々に
哀悼と敬意をもって下さいと訴える孔。
葬儀終了後、安からコメントを出させるので
どうかそっとしておいて下さいと頼む。

写真を撮りながら安在勇、泣いちゃだめ、
泣いたらくだらない奴らに負けてしまうと呟く洪。

<4話へ続く…>

予告…なんだかまた事態は変わりそうな…。
そう、謝は1度も殺したなんて言ってないんですよねー…。
頑張れ安(TωT)そして洪ちゃんは可愛い。


2010-12-03 : Channel-X国民英雄あらすじ : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-12-06 01:37 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:凛
英語が一段落したので韓国語と中国語を
勉強中。
間違ってるよ!なつっこみお待ちしてます。
リンクはどうぞご自由に。

【視聴中ドラマ】


【視聴済み韓国ドラマ】
・花より男子
・美男ですね
・私の名前はキム・サムスン
・コーヒープリンス
・華麗なる遺産
・宮
・太陽の女
・個人の趣向
・春のワルツ
・僕の彼女は九尾狐
・成均館スキャンダル
・メリーは外泊中
・シークレットガーデン
・シティハンター
・ホン・ギルドン
・魔王
・フルハウス
・イニョン王女の男

【視聴済み台湾ドラマ】
・惡作劇之吻
・惡作劇2吻
・惡魔在身邊
・換換愛
・命中注定我愛你
・流星花園
・就想著妳
・花樣少年少女
・鬥牛,要不要
・下一站, 幸福
・公主小妹
・粉愛粉愛你

【保留中】
・小資女向前衝
・醉後決定愛上你
・マイダス
・チュノ
・呼叫大明星
・国民英雄 Channel-X

他にもあるような気がするけど…
まぁこんな感じで。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。