スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

成均館スキャンダル 3話前半

色んな所で色んな人が出会います。

************************

1.救出。
新入生歓迎会で出された課題を解きに牡丹閣へとやってきたユンシク。
会長父と上着を脱がされたチョソンのいる部屋へと転がりこんでしまう。
慌てて妓生達が今日は成均館の新入生歓迎会の日で、彼は成均館の儒生だと
紹介する。
憤慨して無礼な行いにより除名するから今すぐ学長を呼べ!と叫ぶ会長父。
帽子を被り、非礼を詫びるユンシク。
頭を下げて部屋を出ようとして初めて、上着を脱がされているチョソンと
向かいの客の好奇の眼差しに気付く。
無言でチョソンの元へ戻り、自分の着物をかけるユンシク。
その行為に驚き、ユンシクの顔を見つめるチョソン。

もう一度会長父の前に膝をつき、どなたか存じませんが初対面にて
大変失礼を致しました、しかしこの女性は私が連れていかなくてはなりません、
成均等の会長は大臣のご子息、彼は父親の権威を振りかざしとても傲慢な男です、
この女性を連れて行かなくては私は成均館に入る事も許されず、厳しく罰せられる
でしょう、どうせ放り出されるならばせめて罰は避けたい、未来の為私を助けては
下さいませんか?そうすれば私は王に成均館の新入生歓迎会にて起こった不実な事実を
見せる事が出来るでしょうというユンシク。
痛い所を客の前で突かれて何も言えない会長父。
それでは彼女を連れていきますと言い残しチョソンの肩を抱きつつ連れて行くユンシク。
馬鹿にされ怒りがおさまらない会長父。それを見て前の部屋の客達が成均館の新入生
歓迎会なのだから、ご子息からの課題だと言うのだから大目にみてはと声をかける。

最初から大きな借りが出来たようです、せめてお名前だけでも…とチョソン。
あんな良心のかけらもないやつが議会にいるからこの国がこんな状態なんだ!
あんな男は捕まえて漢河に投げ込めばいい!とご立腹のユンシク。
その様子を見て笑うチョソン。
ところでようやく念願のチョソンに会えたのに、一晩をこんな風に過ごすつもりかと
妓生にたしなめられる。
助けた妓生がチョソンだと初めて知るユンシク。
会長父はユンシクにお楽しみを邪魔されご立腹。迎えの車で帰ろうとする。
あの男どこかで見たことがあるはずだ…と独り言。

2.忍。
一方ソンジュンは課題について悩んでいた。
そこに突然現れる付き人スンドル。おぼっちゃんがきっとこうなるだろうと思って
ここで待っていたという。
学力では負けるが、ずる賢さでは負けないと言い知恵を貸してくれる。
一人で課題の意味を理解してテンションがあがるスンドル。
ハートを描いて寝るしぐさで意味を伝えようとする。

若い女性を誘惑するとはそれでも紳士と言えますか!?と
刺繍をしながら依頼されたセリフを練習する会長妹。
そこへソンジュンが来たという知らせが。

外ではスンドルとソンジュンがまだもめていた。
あの会長が自分の妹にそんなばかな事を許すわけがないとスンドルを信用しないソンジュン、
自分を馬にして早く家に忍び込めというスンドル。
紳士のする行いではないと嫌がるソンジュン。
夜が明けるから早くしろと言うスンドル。

いつまで待たせるのよ!!とご立腹の会長妹。
ソンジュンに悪態をつきながら着物を脱いでしまう。
本に出てくるようなかっこいい男が1人もいないと文句をいいつつ
付き人に自分は少し休んでから出て行くとくつろぎモード。
でもあそこで待つように言われていますし…と困る付き人に
早く言いにいかないとこの格好で外に出る!と脅す会長妹。

屋敷内に無事に入り様子を伺うソンジュン。
ソンジュンが来るのを今か今かと待ち構える会長一派。
しかしそこに付き人がお嬢様はお休み中なので15分後に来てくれと
伝言を伝えに来た。トイレ休憩という事で皆部屋の前からいなくなる。
入れ違いに入ってくるソンジュン。課題にあった「蓮の堂」を見つける。
部屋の前の人影にまた付き人が呼びに来たのかと勘違いし、
まだこんな所にいるの!?とキレつつ扉を勢い良く開けてしまう。
妹がそんな格好で出てきたので驚いて扉を閉めるソンジュン。
しかし再度扉を開ける会長妹。
あの…と言いかけたソンジュンの口に指をあてて静かにさせる。

3.詩。
ヨリムと会長はお酒を酌み交し中。
チョソンのことなら心配いらないとヨリムが言うが心配などしていないと言う会長。
キム・ユンシクのことばかり聞いてくるじゃないか、その葛藤する様子をみていると
嫉妬をしている男の顔だと楽しそうなヨリム。
あの女は男が目の前で死んだとしても顔色一つ変えない女、それは自分が一番よく
知っていると会長。
その通り、だから俺がキム・ユンシクをチョソンに会わせたというヨリム。
新入生歓迎会の罰ゲーム、今夜あいつの服を全て剥ぎ取ってやりたくて…と
にやりと笑うヨリム。

チョソンと2人きりで部屋に通されたユンシク。
私に何が出来るのか?と聞かれる。
実は…と言いよどむユンシクに私の下着を持っていかなくてはならないのでしょう?と
言い当てるチョソン。
それではする事は一つですねと言ってユンシクに近寄るチョソン。
耐えられなくなってもう遅いので私は戻らなくては!と立ち上がるユンシク。
何か私がまずい事でも?と驚くチョソン。
あなたのせいではない、このままでは私もただあなたと夜を過ごしたいだけの
先ほどの大臣と同じになるところでした、今夜はこれで失礼します、
何か私が失礼な事をしていたら許して欲しいと歩き出す。

もし下着を持っていかないと新入生歓迎会を合格出来ないのにいいんですか?とチョソン。
そうであったとしてもそれは私の問題だ、私の為に女性を辱めるのを認めるのは
男のすることではないと去ろうとするユンシク。
そこにチョソンはではそのように言いましょうとチョソン。
どうぞ私の下着だけお持ち下さいといい、下着を取り出す。
無言でその下着を広げて筆を取るユンシク。
突然その下着に絵を描き始めた。
これは恥ずかしい女性の下着ではない、これは忘れられない大切な思い出として
大事にしますとユンシク。
では私も返歌を作りますと笑顔で言うチョソン。

4.出会い。
トイレ休憩が終わり、部屋の前に戻ってきた会長一派。
未だにソンジュンが来ていない事に焦る。
そして場所が違うのではという事実に気付き探しに行く。
ソンジュンは初対面で失礼をと会長妹に謝っていた。
帰ろうとするソンジュンにこのままお返しするわけにはいきませんと会長妹。
会長一派が会長妹の部屋へ行くと部屋の中に男の影が。
今お助けします!!と部屋の中に飛び込むと寝巻き姿で布団に入ろうとする妹が。
何ですか!?いい人だと思っていたのに失望しました!!
この件は全て兄に報告します!!!とキレる振りをして会長一派を追い出す。

無礼な格好であったことを詫び、今日の私を忘れて欲しい、
私も今日のソンジュン様を忘れますという会長妹。
その頃家の中が突然慌しく。
彼らは軍よりも性質が悪いとソンジュンを逃がそうとする会長妹。
初対面での失礼を詫び、でも今日の感謝はずっと忘れないと言うソンジュン。
その言葉に動揺して転びそうになる会長妹。
とっさに抱き起こして助けるソンジュン。
こんなの本の中だけだと思ってた…とソンジュンにうっとりの会長妹。

牡丹閣から帰り道の会長父。
ふと車を止め、あの顔はどこかで見たことがある…と未だに気になる会長父。
ユンシクを捕まえる為、牡丹閣へと戻るよう指示を出す。
と、その時屋根の上から赤い紙が舞い散る。屋根の上をかける黒い影。
放たれた矢からは赤い紙が舞い散る。
赤い紙は街のいたるところに舞い落ちる。
チョソンから下着をもらい、成均館へ戻る途中のユンシクも赤い紙を拾う。
黒い影が放つ矢は会長父をぎりぎりそれて家の扉に。
追われる黒い影。

拾った赤紙を読もうとしたその時、目の前にいきなり黒い影が屋根から下りてきた。
そこに追ってくる官軍。怪しいやつを見なかったか?と聞かれるユンシク。
誰もみなかったと答えるユンシク。去って行く官軍。
頭上には隠れていた黒い男が。手をあげてユンシクに軽くお礼を示し去って行く男。
官軍が男を追った先にあったのは成均館の半村。
官軍はここから先は通れないと入場を拒否される。
会長父家では会長父が男を取り逃がした事で怒りMAX。
男が半村へ入っていったという報告を受ける会長父。

時を同じくして王も男が半村に入ったという報告を受けていた。
ということはその男は成均館に関係があるという事か?と王。
まだ詳しくは分からない、半村は軍が入れない土地だから
ただ単に軍から逃げる為に入ったとも考えられると側近。
金謄之詞にホンビョクソ、面白いとタバコを作りつつにやりと笑う王。
金謄之詞だと!?と顔色を帰るソンジュン父。
王が動き出す前に、ホンビョクソを我々の手に入れなければ
100年以上のノロン派の歴史が終わると肝に命じろ?と
強い口調で指示を会長父に出す。

5.合格。
成均館へと帰るユンシク。帰り道が一緒になったソンジュンが
後ろからユンシクの肩を掴む。
突然後ろから肩を掴まれて驚いて転ぶユンシク。
幽霊でも見たような顔だなというソンジュンにお前は幽霊より怖いよ!とユンシク。
ムッとしつつもユンシクに手を差し出すソンジュン。
真夜中はもうすぐなのに急いでいない所を見ると、
ここを去る事にしたようだな、と言われるがそれには答えず
ソンジュンの手を借りて立ち上がるユンシク。
戻って来た方角からすると課題解けたようだなと声をかけるが
時間までに戻らないと、せっかく手に入れた大事そうに抱えている物も
無駄になるぞと先に歩き出すソンジュン。


締め切り時間が過ぎた成均館、一人ずつ課題の報告を行う。
会長に認められれば晴れて成均館の儒生となる。
ユンシクの番。チョソンからもらった下着をヨリムに渡す。
その下着を見て顔色が変わるヨリム。他の人のでは?と疑う会長一派。
しかし下着には5つの牡丹の華。チョソンのだと認めるヨリム。
顔つきが厳しくなる会長。
ヨリムから下着を取って書いてある詩を読み上げる取り巻き。
短い夜だと人は言うでしょうが長い夜と変えがたいと書いてある。
もう一度聞く、これは本当か?と会長。
チョソンに会い、直接もらった物か?と聞かれ笑顔でその通りだと答えるユンシク。
後ろで握った拳に力を込める会長。

今日の一番は他を見るまでもなくこいつだ、
難攻不落のチョソンをおとしたのだから、彼じゃなければ誰が1番だと?とユンシクと称えるヨリム。
他の学生も拍手でヨリムに同意。
成均館の儒生として認めると着物を受け取るユンシク。

次はソンジュンの番。前にも出ず、課題を解けなかったと言うソンジュン。
課題が分からなかったわけではあるまい?とヨリム。
会長の家に行かなかったのか?と聞かれる。
その通りですと答えるソンジュン。
さっきそっちの方角から帰って来てたじゃないかと小声で尋ねるユンシク。
その言葉を聞き取り、何かあると気付くヨリム。
どんな罰が待っているか分かってるなと会長。

6.褒美。
罰ゲームの時間。
給仕の子供達に池におしっこをさせ、その池に入れという会長。
ソンジュンを池に落とそうと囲む儒生達。
学長は大臣の息子に大事があっては大変と浮輪(浮籠?)を持って岸辺でスタンバイ中。
皆が見守る中、静かに欄干に近づき帽子を取るソンジュン。
救出のタイミングを計る学長。投げようとした瞬間、ユンシクのちょっと待ったコールがかかる。
成均館の伝統に基づき、1番だった自分の願いを聞いて欲しい、
その願いはイ・ソンジュンの為に使う、この罰ゲームを取り消して欲しいというユンシク。
官吏としての地位も望めるのを知っての願いか?と聞く会長に
そうだと答えるユンシク。
その回答を聞き面白そうに笑うヨリム。
その願いを聞き入れ、ソンジュンを囲んでいた儒生を下げる会長。

罰ゲームはなくなり歓迎会はお開き。
一人歩くユンシクにソンジュンが後ろから肩を掴む。
お礼ならいらない、お前の為にやったんじゃない、
自分の主義に従ったまでと以前のソンジュンのセリフを返すユンシク。
笑顔で誰にも借りを作りたくないんだと言う。
お前が止めなければもっと上手くいったんだとソンジュン。
以前からこの新入生歓迎会を是正したかった、
自分も誰にも借りを作りたくない、だから助けが必要な時はいつでも声をかけろ、
自分が出来る範囲であれば何だってやってやると言い残し去っていくソンジュン。

7.入学祝。
門をくぐったソンジュンにだからなのか?と声をかけるヨリム。
新入生歓迎会は意味のないくだらない慣例だから従う必要がない、
だから大臣家に行ったにも関わらず行かなかったと言ったのか?
くだらないゲームに付き合うよりは池でずぶ濡れになった方がましだと?
それはお前のプライドか?

それとも負けず嫌いか?それとも…反抗か?と
言葉を並べるヨリム。無言のソンジュン。
それを受けてお前のようなやつの為に新入生歓迎会があると
真顔になり言うヨリム。

誰にも頭を下げたことのないような良家のおぼっちゃん…
鼻持ちならない横柄なお前のようなやつら、
お前らみたいなやつは謙虚にならなくてはいけない。
なぜか?ここは成均館だからだ。
父親が誰であろうと、家をいくつ持っていようと、
ここに最初に入った時から皆同じ新入生だ。
だから横柄な態度をやめろ、いい気になるな。
これは先輩からの教えだ。

一気にそう言うといつもの笑顔に戻り
まぁあまりまじめに捉えるな!と扇子で
ソンジュンの肩を叩き通り過ぎようとするが
しかし見た所、先輩は新入生歓迎会を通過されなかった
ようですね、とソンジュンが声をかける。
足を止め、言い分を聞くヨリム。
あなたのように贅沢な服を着ている儒生は一人もいない、
絹の服を着ることで父親の裕福さを誇示しているのでは?
と問うソンジュン。
それをきき笑うヨリム。
頭が切れるな、王は本当に人を判断する力があるんだなと
感心する。

蓮の花。これは若い純潔な女性の事。
私は彼女を男性の話題にする事は失礼だと思っただけだ、
先輩達を見下すつもりもないと許しを請うソンジュン。
それを聞き、笑うヨリム。入学おめでとう、イ・ソンジュン。
そう笑顔で告げる。

(後半へ)

2010-10-05 : 成均館スキャンダルあらすじ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:凛
英語が一段落したので韓国語と中国語を
勉強中。
間違ってるよ!なつっこみお待ちしてます。
リンクはどうぞご自由に。

【視聴中ドラマ】


【視聴済み韓国ドラマ】
・花より男子
・美男ですね
・私の名前はキム・サムスン
・コーヒープリンス
・華麗なる遺産
・宮
・太陽の女
・個人の趣向
・春のワルツ
・僕の彼女は九尾狐
・成均館スキャンダル
・メリーは外泊中
・シークレットガーデン
・シティハンター
・ホン・ギルドン
・魔王
・フルハウス
・イニョン王女の男

【視聴済み台湾ドラマ】
・惡作劇之吻
・惡作劇2吻
・惡魔在身邊
・換換愛
・命中注定我愛你
・流星花園
・就想著妳
・花樣少年少女
・鬥牛,要不要
・下一站, 幸福
・公主小妹
・粉愛粉愛你

【保留中】
・小資女向前衝
・醉後決定愛上你
・マイダス
・チュノ
・呼叫大明星
・国民英雄 Channel-X

他にもあるような気がするけど…
まぁこんな感じで。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。