スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

成均館スキャンダル 13話前半

色々急展開な13話。
握り締めるタオルかクッション必須かと。

ざっくりあらすじです。
詳細版はまた週末にでも。


素敵対訳はゆじなさんの所で!こちら。

***************************

1.すれ違い。
ここは自分がいる場所ではないと言い、席を立つチョソン。
そのままソンジュンの横へ行き頬にキスをした。
驚く一同。
ヒョウンばかり見ているユンシクに自分を見てもらいたい一心で
行った行為だと無礼を詫びて立ち去るチョソン。
(ユンシクがソンジュンを好きだと勘違いしたわけではなく、
ユンシク⇒ソンジュンの視線をユンシク⇒ヒョウンだと勘違い、
既にソンジュンの婚約者であるヒョウンをいくら想っても
あの大臣が渡すわけがないと分かっているチョソン、ユンシクを不憫に思う)

慌てて後を追うユンシク。
そんなユンシクにチョソンはユンシク様が心配です、
いくら想っても実る事もなく、傷つくのに簡単に諦める事も出来ず
毎日地獄をさまよっていらっしゃる、初めての情とはそういう物ですから…と
ユンシクが抱く適わぬ恋を自分と重ねあわせて語る。
でもこの言葉はユンシクがソンジュンに向ける想いでもあった。

ソンジュンとヒョウンの所へ戻ったユンシク。
さっきのチョソンの件を詫び、決してヒョウンに気があるわけではなく
自分にはチョソンだけだとソンジュンに説明するも、結構だ、お戻り下さいと
ソンジュンから追い返される。

やるせないユンシク。帰り道にあった同級生を誘ってやけ酒。
一人でお酒の瓶を抱えこんでひどく酔っているユンシク。
そんなユンシクに気づき気が気じゃないソンジュン。
もう遅いから送りますとヒョウンを帰らせる。
あまりにユンシクが泥酔状態なので、同級生達は機を見て逃げ出す。
一人うとうとするユンシク。
そこに来たのはコロたん。だだをこねた挙句、眠ってしまったユンシクを
背負って部屋まで連れて帰る。
急いで戻ってきたにも関わらず目の前でユンシクを連れて行かれるソンジュン。

寝言でひどい事を言われようと自分にとってはお礼をいいたいのに
何て悪いやつだと誰かの悪口をいうユンシク。天下の先輩に向かって
悪口とは何事だと呟くコロたん。
ユンシクにドキドキしつつもしっかり布団に寝かせて部屋を出たコロたん。
部屋に戻る途中のソンジュンに遭遇。
お前がついていながらなんてザマだ、あんな状態で1人にするなんて
心配じゃないのか!?とソンジュンの胸倉を掴むもなぜ私が心配する必要が?
そんなに心配なら先輩が面倒みればよいのでは?先輩の口から二度と
キム・ユンシクの名前を聞きたくありませんと冷たく去っていくソンジュン。

2.策略。
球技大会。ソンジュン父も大臣父も見学に訪れていた。
ヨリムは手を怪我したので見学中。
ソンジュンのユンシクに対する態度は相変わらず冷たい。
そんなソンジュンを見て、コロたんに今日は頑張ります、
味方がもういないようなので、一人でも出来るところを見せてやりたいから。
と決心を口にするユンシク。
誰か一人なんだよ、と言いつつ袖を結ぶ手伝いをするコロたん。

競技開始。最初から激しい戦いに。
途中ソンジュンとユンシクが玉を取り合いぶつかり合う。
ソンジュンはユンシクを振り払いゴールを決めた。
後ろを振り返ると倒れたユンシクと彼を起こすコロたん。
コロたんは何のつもりだ?とソンジュンを問いただす。
これぐらい競技なのだから問題はないといい去ろうとするソンジュン。
そんなソンジュンを止めて、今度やったらただじゃおかない!と言おうとした
コロたんだったが、逆にキム・ユンシクの事はお前には関係ないと
言っただろう!と殴りかかるソンジュン。
その拳を止めたのはユンシク。競技中に何をやっている?皆が見ているのを忘れたか?と
ソンジュンを睨み付け、私は大丈夫だから、こんな奴殴る価値がないとコロたんを連れて去る。
行き場を失うソンジュンの拳。
これで東1点西0点。

試合再開。
転がった玉を会長がユンシクが取れるように静かにパス。
これを見てヨリムが会長がおかしいと気づく。
その頃玉を持ったユンシクに明らかに向かっていく会長一派。
ソンジュンと玉の取り合いをするコロたん。どちらも一歩もひかない。
フリーのユンシクが玉を取る。ゴール前で会長と一騎打ち。
しかし会長の狙いは玉ではなくユンシクだった。
その事に気づいたコロたん。振り下ろされるラケット。
その時ユンシクを助けたのはソンジュンだった。

展開に大慌ての会長父。お詫びするもソンジュン父は
競技中のことだから気にするなといいつつも席を立ってしまう。
この結婚は諦めるんだと娘に言う会長父。

最初からユンシク狙いだったんだな、ここまでするのはあり得ないと
会長を厳しい表情で攻めるヨリム。
おかしいのはあいつらだ!なぜノロン派大臣の息子であるイ・ソンジュンが
その身を呈してかばう!?と怒りの収まらない会長。

3.白昼夢。
休憩時間。水を汲んできたコロたんにやっぱりじっとしていられない
自分のせいだから行かなくては!とソンジュンの所へ走るユンシク。

救護室で横たわるソンジュン。先生や事務官が入れ替わり立ち代り
動いている様子を朦朧とする意識の中で感じる。
そして思い出されるユンシクの笑顔、女装した姿、今までの思い出。
ユンシクが心配そうに自分の手をとって覗き込む。
ソンジュンから笑顔がこぼれた時、ヒョウンの声で我に返る。
手を握っていたのはヒョウンだった。

無事で何より、結婚の事はなかったことにと言い残し去ろうとする。
そこに救護室に入ってきたのはユンシク。2人の様子を見て入り口に立ちすくむ。
入ってきたユンシクを見て静かに立ちあがるソンジュン。
そしてそっとヒョウンの手を取り、自分と結婚してほしいと言う。
今まで実現出来ない事は口にしたことがない、これからもそうだ、と。
目の前の光景に涙が溢れそうになるユンシク。
いたたまれず部屋を出る。
救護室から泣きそうな顔をしながら走り去ったユンシクを見ていたコロたん。
救護室を覗き、ユンシクが昨夜背中で悪い奴だと言っていたのが自分ではなく
ソンジュンだった事を知る。

一人で泣きそうなユンシクを追いかけ、午後の試合を頑張れ!とはっぱをかける
コロたん。
ソンジュンが抜けた東軍はコロたんとユンシクの西軍には適わず結局西軍が勝つ。
ユンシクは同級生から胴上げされる。
そんな様子をそれぞれの思いで見守る王とソンジュン。

試合後ソンジュンと偶然出くわしたユンシク。
体は大丈夫か?挨拶も出来ずに申し訳ない。
私のためにありがとうと笑顔で伝えるものの、ソンジュンは冷たく
誰であっても同じことだ、感謝も謝罪も不要だといい去ろうとする。
背中越しにおめでとうとお祝いを言いたかったと言うユンシク。
複雑な思いでその言葉を聞きつつ去っていくソンジュン。

試合後、皆冷水でお互いの汗を流す。
そこにやってきたユンシクを捕まえるヨリム。
汗を流してやる、まさかあんなに汗をかいたのに流さないつもりか?と
迫るヨリム。
そこにタオルを投げてこんな所でなにやってる?早く行けとユンシクを逃がすコロたん。
一人球技場で座り込むユンシク。

4.思惑。
王は大臣達に知らせず、秘密裏に成均館を訪れていた。
今夜再びホンビョクソが現れるという予告状が届いたから。
王は今までのホンビョクソは偽者で、会長父が本物を陥れる為にやっている事だと
分かった上で、本物はきっと成均館の学生だから今夜は絶対に誰も外に出すなと
チョン博士に伝えに来ていたのだった。
しかし同時にその予告状の内容を瓦版で知ってしまったコロたん。

ごはんを食べる儒生達。今日のご飯はユンシクとコロたんが隣同士。
学生達はホンビョクソの噂話で持ちきり。
お前はどう思うか?と話をユンシクに振るコロたん。
詩がうまかったから成均館の生徒に違いないと言い切るユンシク。
でも民は文字が読めないのに考えがないとバッサリなユンシク。
それを聞いてコロたん大爆笑。
仲のよい向かいの2人を見てテンションがだだ下がりなソンジュン。
無言で席を立ち図書館へ。

その様子を見ていたヨリムもソンジュンを追って図書館へ。
婚約をした男には見えない、むしろ失恋をした男のようだ、
どんな立派な人でも自分の思い人の心が他にあれば嫉妬、怒り、憤りを感じるものだ
それが人として当たり前、自分を偽るのがイ・ソンジュンなのか?と煽るヨリム。

会長父は息子と今夜の流れを確認中。
ところで、偽者ホンビョクソは誰なんですか?と父に聞くも
信頼のおける者だと名前は教えてもらえない会長。

その後会長は学長に球技大会中の暴力事件について呼ばれる。
今回の件で15日間会長の権利を停止されるという。
毎年負傷者は出るじゃないかと訴えるが聞き入られず。
今回の件、兵判の息子より大臣の息子を取るということですか?と
学長を脅すもチョン博士の邪魔が入り覆せず。

5.事実。
夜、会長父は本物のホンビョクソを捕まえるべく官軍をスタンバイ。
チョン博士は成均館の扉を閉め、学生が外出せぬよう見回りを行う。
コロたんは見回りの目を盗んで場外へ出ようとするがヨリムに待ち伏せされる。
軽い静止を聞かないコロに、今日の予告状の本当の狙いはお前だ、
10年来の親友が何も知らないと思うか!?行ったら死ぬぞと止める。
しかし兄の死を、兄が犠牲になっても守ろうとした秘密をこのまま
朽ちさせるわけにはいかない、このままじっとしていて生きてると言えるか!?と
ヨリムの静止を振り払うコロ。
傷ひとつなしで生きて帰ってみせると言い残し去ってしまう。
一人残されたヨリムの目からは涙が。

偽者のホンビョクソが登場。コロたんと激しい切りあいとなる。
ギリギリの所で逃げた偽者ホンビョクソは無人の建物に身を隠す。
顔を覆う布を外すと、下から現れたのはチョソンだった。
官軍に追い詰められたコロたん。絶対絶命となったその時
黒い傘をかぶった助っ人に助けられる。
王は家臣から本物は助かったが怪我を負ったと報告を受ける王。

図書館にいるソンジュンを追いかけてきたユンシク。
偶然だなぁと装うがソンジュンの態度は変わらず冷たい。
まだあの日の事を怒っているのか?そんなにあの人が大事か!?
私達はその程度の関係だったのか?
せめてここを出る日まで楽しく過ごしたいと思う事は適わぬ事か!?
と詰め寄るがソンジュンは自分は以前のように戻るつもりはないと
冷たく言い捨てる。
ショックで言葉も出ないまま部屋から出て行くユンシク。
しばらくしてソンジュンも後を追う。

庭を走り抜けるユンシクの前に塀から黒尽くめの男が降ってくる。
男は傷を負って血を流していて立てない程。
ちゃんと生きて帰ったと呟く男、ユンシクだと分かると顔を覆っていた布を取って
にやりとわらった。コロたんだった。


<14話へ続く>







2010-10-25 : 成均館スキャンダルあらすじ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Author:凛
英語が一段落したので韓国語と中国語を
勉強中。
間違ってるよ!なつっこみお待ちしてます。
リンクはどうぞご自由に。

【視聴中ドラマ】


【視聴済み韓国ドラマ】
・花より男子
・美男ですね
・私の名前はキム・サムスン
・コーヒープリンス
・華麗なる遺産
・宮
・太陽の女
・個人の趣向
・春のワルツ
・僕の彼女は九尾狐
・成均館スキャンダル
・メリーは外泊中
・シークレットガーデン
・シティハンター
・ホン・ギルドン
・魔王
・フルハウス
・イニョン王女の男

【視聴済み台湾ドラマ】
・惡作劇之吻
・惡作劇2吻
・惡魔在身邊
・換換愛
・命中注定我愛你
・流星花園
・就想著妳
・花樣少年少女
・鬥牛,要不要
・下一站, 幸福
・公主小妹
・粉愛粉愛你

【保留中】
・小資女向前衝
・醉後決定愛上你
・マイダス
・チュノ
・呼叫大明星
・国民英雄 Channel-X

他にもあるような気がするけど…
まぁこんな感じで。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。